腰部脊椎すべり症 両側変形性膝関節症

今回のケースは、腰部脊椎すべり症からくる痺れや強い痛み。そしてかばっていたために変形性の膝関節症を発症し、その痛みから精神的に落ち込んでいた患者様へのリハビリを通し、痛みのケアと心のケアを行いながら、出来ることを一つずつ増やす支援を致しました。
【A様(81才・女性)】:腰部脊椎すべり症 両側変形性膝関節症
事故による両足と脊椎の骨折の後遺症により強い痺れ感と痛み、著しい浮腫のため歩行が困難になり日常生活にも支障をきたすようになった。

【A様とご家族の希望】
足の浮腫と強い痛みで精神的に落ち込むことがあるので、少しでも楽にして欲しい。
【A様へご提案】
日常生活が円滑に送れるように、痛みの軽減と浮腫改善、筋力低下を予防する施術の提案

【施術内容】
筋固縮を和らげるために様子を見ながら強さを加減し、両下肢のマッサージを行なっています。足を上げる等の軽い運動を行い筋力低下の防止を図り、前向きな気持ちになって頂けるように心掛けています。

【家族から】
足の浮腫みが酷く、正座の出来なかったおばあちゃんが、いつの間にか正座して洗濯物をたたんでいてくれました。痛い、痛いが口癖で、全く外に出ようとしなかったのですが、最近は時々一緒に買い物に行くよう 
になりました。
  何より笑顔が多くなり
ました。感謝致します。

先生と楽しいリハビリで、正座をしながら洗濯物がたためるようになりました!!

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on @nifty clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Digg