パーキンソン病

今回のケースは、肺炎での入院中、ほぼ寝たきりでの生活を送っているうちに膝関節が拘縮してしまい、退院時は歩行が困難な状態でした。車椅子での生活となってしまいましたが「また安心して歩けるようになりたい!」とのご本人の強い希望を一緒に叶えるべく、日々取り組んでおります。

I様(82歳、男性)病名:パーキンソン病。
膝関節の拘縮により立位・歩行が不安定。特に右膝関節の拘縮が強く歩行時には痛みもある。

【目標】
マッサージにより、下肢の筋緊張緩和と関節可動域の改善を図る。立位時の膝の痛みの軽減。関節可動域の改善により、安定して立位が取れるようなり不安なく歩行ができるようにする。

【目標】
マッサージにより、下肢の筋緊張緩和と関節可動域の改善を図る。立位時の膝の痛みの軽減。関節可動域の改善により、安定して立位が取れるようなり不安なく歩行ができるようにする。

【家族から】
当初は膝が固まり伸びず、寝ている姿勢も膝を立ててでした。マッサージを開始後は膝が伸びる様になり、寝ている時も足を伸ばして横になれるようになりました。立った時の姿勢も良くなり歩行時の足の上りが良くなりました。主人はとても喜 
んでいます。変化が目に見
えるので、私も嬉しいです。

【施術者】
病院でのリハビリ室勤務経験を活かし、患者様のニーズにお応えできるような施術を心掛けています。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on @nifty clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Digg