アテローム血栓性脳梗塞

スポンサーリンク

K様(70歳・女性)
傷病名:アテローム血栓性脳梗塞。
麻痺側を触るだけでも痛みの感じを訴えていた。麻痺のため関節の拘縮も出てきていた。寝返り・座位時のバランスが悪い。痛みの軽減と筋力強化し、自力で用を足したい。
【目標】
左上下肢の麻痺により涙が出るほどの痛みや痺れがあるため、痛みや痺れの軽減を図る。固くなった筋肉をほぐし関節の動きを軽くし、大変なトイレ動作をスムーズに出来るように支援していく。

【施術内容】
左上下肢の筋に対しマッサージを行い、緊張感を緩和していく。施術の都度ご本人又はご家族様より体調を伺い、より良い効果が出るように努めております。前向きに努力され、自分でできる運動を指導し、一緒に頑張っていきましょうとお声を掛けさせて頂いております。

【家族から】
麻痺の痛みを少しでも無くす気持ちで行い、「ほら!ここまで手が上がるようになったんだ!」と嬉しそうな妻の声。正直びっくりしています。先生は常に明るい話題へと導いてくれて常に笑顔です。

【施術者】
「患者様のお手伝い出来るご縁に感謝です。体の一番辛いところを緩和し、新たな希望を持って欲しいと常々願っております。施術中はいろいろな話題で笑いを引き出し、全てがリハビリという気持ちで取り組んでおります。」

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]
Digg にシェア

スポンサーリンク