乾燥肌の原因は?

肌の乾燥は、皮脂の減少やそれに伴うバリア機能(皮膚を保護して細胞の潤いを保つ)の 低下によって起こると考えられています。特に冬場は皮膚が過度に乾燥してしまい、その結果わずかな刺激でもかゆみを感じるようになり ます。かゆみは不快ですので我慢しきれずに かいてしまい、そうしたことを繰り返しているうちに皮膚がかき壊されて状態が悪化して  しまいます。これでは皮膚にとってもダメージが強く、ストレスも感じ悪循環となって
しまうのです。

高加齢は乾燥肌の原因?

肌が乾燥する大きな理由のひとつに「加齢」があります。誰しも年齢を重ねるにつれて皮膚の発汗や皮脂の分泌機能が衰えてきます。  また、年齢があがるにつれて角質細胞間脂質も減少していくことも分かっています。それが 原因で肌が乾燥しやすくなるのです。
加齢による乾燥肌は、「老人性乾皮症」と 「老人性皮膚掻痒症」の2つに分類されます。老人性乾皮症は、加齢に伴う皮膚の水分不足が肌(皮膚)のカサついた状態を作り出す皮膚疾患で、特に空気の乾燥する秋から冬にかけて現われ、自覚症状としては痒みを伴うことが特徴です。夜も「かゆみ」で悩まされ、不眠症となるケースも少なくありませんので早めの予防と対策を心がけましょう。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on @nifty clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Digg