ホルモンバランス

スポンサーリンク

人間の体の中では、約70種類以上ものホルモンが分泌されています。ホルモンとは環境の変化や体調に反応し、人間の体を安定状態に保つために必要な物質です。加齢とともにこの「ホルモンバランス」がくずれると、老化以外にも、更年期障害や肥満、抑うつなど様々な体調不良の原因となります。今回は「ホルモンバランス」についてみていきましょう。

ホルモンとは?

体内に分布する主な内分泌腺とホルモン
①ホルモンは体内にある細胞でしか作られない化学物質で、その数は70種類以上存在するとも言われる。②脳の視床下部、甲状腺、卵巣、睾丸などの内分泌腺で生産、貯蔵され、刺激に応じて血管を通って分泌される。③それぞれのホルモンには各「標的細胞・器官」があり、そのはたらきをコントロールする。④ホルモンは代謝の調節を行う。

ホルモンバランスが崩れたら?
ホルモンは脳、下垂体、甲状腺、副腎、膵、
卵巣、精巣、消化管、脂肪細胞などから分泌
され、それぞれのホルモンが適度に作用する
ことで、健康が維持されています。
ホルモンが多すぎても、少なくても体調が悪くなります。このホルモンが適度に合成され
分泌されるよう精密に調節されており、これをホルモンバランスと呼びます。これが崩れる
と、物忘れや性機能の低下、様々な体調不良などの原因になります。その代表的なものが、
「更年期障害」です。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]
Digg にシェア

スポンサーリンク