ハビリテリーションと理学療法

リハビリテーション医学は、予防医学、治療医学に次ぐ第3の医学です。リハビリテーションは、医師や看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などさまざまな職種と協力しておこなわれます。その中の動作の専門家が理学療法士(PT)です。

理学療法の対象は様々です。ケガや病気などで
身体に障害のある人や障害の発生が予測される人に対して、基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、および障害の悪化の予防を目的に治療や支援をします。

その治療や支援も、PTが対象者ひとりひとりについて医学的・社会的視点から身体
能力や生活環境等を十分に評価し、それぞれの目標に向けて適切なプログラムを作成します。

 関節可動域の拡大、筋力強化、麻痺の回復、痛みの軽減など運動機能に直接働きかける治療法から、食事・更衣・排泄・入浴など生活に必要な身の回り動作を総合的に獲得する日常生活活動練習、歩行練習などの能力向上を目指す治療法まで、動作改善に必要な技術を用いて、日常生活の自立を目指します。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on @nifty clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Digg